書類を指さす

会計事務所の求人

重ねたたくさんの手

会計事務所求人の変遷

会計事務所への転職を希望する人は後を絶ちません。
その人気の理由のひとつに、景気に左右されない仕事だということがあります。
会計にまつわる作業は景気動向に関わらず必要だからです。
会計事務所は主に、顧客企業の経理や財務、納税業務の代行を行います。
これらの業務は顧客企業が儲かっているかどうかに関わらず必要になってくるのです。
また、会計知識を持っている人は数が多くないために、転職においても売り手市場となっています。
こういったことから、会計事務所の転職求人はこれまでも安定的に供給されてきました。
1990年代前半のバブル崩壊当時は少し求人数が落ち込みを見せました。
しかしながら、その後現在に至るまで安定傾向は変わりません。

今後の動向予測について

では、このような売り手市場の傾向は今後どのようになっていくのでしょうか。
多くの人はこれまでと同様に、会計事務所求人は安定するものと考えています。
これにはいくつかの理由があります。
まず、会計知識を持つことは並大抵のことではないということです。
たとえば、会計事務所への転職に有利な税理士資格は最難関の国家資格です。
そのため、税理士資格を保有している人は比較的容易に転職することが可能となります。
このような人材は独立する場合も多く、人材の流動性はとても高いことが特徴です。
すなわち、会計事務所は常に即戦力の人材不足に悩んでいるのです。
このような理由により、会計事務所の転職求人はこれからも減ることはありません。